2月2日(金)豆まき ”鬼は外 福は内”

2月2日、一日早い恒例の豆まき行事

 

ふたばの豆まきは、園児たちが自分たちで作った鬼のお面をかぶって鬼役になり、先生たちが豆をまきます。

今年は前日から降る雪の影響で園庭で行うことができなかったため、園長先生が各お部屋を回って豆をまきました。

インターンシップで来てくれた学生さんたちも鬼役で参加してもらいました。

年長さんは、2階・人工芝の運動場で雪遊び、大豆のかわりに雪玉を投げて楽しみました。

 

 

1/12(金)『まゆ玉作り』

国立市谷保地域、豊作祈願の伝統行事。幼稚園の年間行事の一つです。

 

米粉に水を加えてこね、一口大に丸め(子ども達もお手伝い)ボイラーで蒸します。

 

蒸し上がった団子は幼稚園で作った秘伝のタレにからめ、みたらし団子にして食べます。

 

また、まゆ玉はお飾りとして木の枝にみかんと団子をさします。